ヒストリーニュース
 2004
 2003
 ゲーム & イベントニュース
 初始页  >>  ニュース >>  ヒストリーニュース >>  2004
2004/11/15
《踊るデジタルエンターテイメント》第2回デジタルエンターテイメントゲーム大会
       経済部工業局及びデジタルコンテンツ産業推進オフィスの主催する第2回デジタルエンターテイメントゲーム機器全国大会が今週土曜日にスタートしました。一週間という長期の大型ゲームコンテストであり、今回の大会には国産機種のほかに、日本のSEGAもコンテストイベントへの参加を招待しています。また、国内設備の関連業者による展示舞台もあり、一般市民からの参加を募り、我が国のエンターテイメント事業によりプラスで健全なイメージをもたらしました。

         今回の主な参加機種はそれぞれIGSが発売したものであり、現在台湾全土の若者の間で人気の流行音楽タイプの全く新しいゲーム機器-『撃鼓王』は、二人一組の加点方式または一人の対戦モードでゲームを進行することができます。日本SEGAがスポンサーとなっているゲーム機器-『甲蟲王者』は生態保護により外からの攻撃に抵抗するゲーム内容であり、カードによる対戦ゲームです。中学生であれば参加することができ、三試合のうち二勝すれば勝者となります。また、親子チームのコンテストもあり、小学生とその保護者一名で参加することができます!

         さらに、今回のイベントの多様化を目指し、現場に多くのシューティングゲームを集めました。また、椅子に座ったベアリング運動によりゲーム中の動作をシミュレートすることができる体感シミュレーション機器を一般の方々に公開しています。イベントは北部、中部、南部、東部の四ヶ所で開催され、それぞれ台北-11/13 (六)台北市青少年育楽センター?台中-11/14 (日)台中市Tiger Cityショッピングセンター、高雄-11/13 (六)高雄市中正文化センター前広場、羅東-11/14 (日)羅東鎮中山公園で開催します。また、最終的な決勝は11/20 (六)に台北市信義区新光三越A8からA10 の歩行者エリアで開催し、4つのエリアで2組ずつの優勝者を選び最終決戦となり、最後に勝ち残った三名に商品及び賞金が渡されます。